木の飾り

満腹の大工は泣いてはいられない

「幸せ」のことの本や論文を書く事になったら、どのようなことを書く?「パティシエ」の一般的な解説なんかかな。もしくは、自分オリジナルの観点からの見解だろうか。

木の飾り

雨が上がった金曜の早朝に足を伸ばして

ツアーでも仕事としてでも、韓国に行く機会が多い。
縁が深いのは、博多港からすぐ行けるプサン。
観光ももちろんだが、女性は韓国製化粧品や服など興味がある方も多数だろう。
韓国の人外見、つまり外見を磨くことへの力は素晴らしいといわれる。
就職活動や、お見合いの際に、日本に比べてあからさまに判断するシーンが多々ある。
そのことから、韓国製のスキンケアなど、美容成分が日本の物より多く含まれているらしい。
という事で、合う合わないは出てくるものの、結果は期待できるのではないだろうか。

風の強い火曜の早朝に散歩を
夜中、目が冴えているときに、新作映画を集中して見る。
昨日の夜選んだ映画は、「エスター」というタイトルのアメリカのシネマだ。
主人公の、エスターと言う子は頭が良いけれどずいぶん不思議な子供。
ラストにはびっくりな結末が見れる。
それを見ている真ん中で、隠された事実が分かる人がいるか疑問なほど意外すぎる終わり方。
まさに、ドキドキとさせるのではなく、非常にゾッとするような結果だった。
ストーリーは、いつも私の深夜の時を満足させてくれる。
毎回、絶対ミリンダだったりお酒だったりも常に一緒なので、体重が上昇するのが良くない。

控え目に口笛を吹くあいつと横殴りの雪

かなり遠い昔、見たことのある映画が、「ビフォアサンライズ」で、日本名は「恋人までの距離」という。
母に、「感動すると思うよ」と話を聞いた物語だ。
列車で出会ったアメリカ人の、イーサン・ホーク演じるジェシーと、フランス人のセリーヌで、少しの間オーストリアを歩き回るストーリー。
この話の構成の変わっているのは、ここぞとばかりの問題発起とか盛り上がりとか、組まれていない部分。
会ってすぐの男女が、恋や平和などについてじっくりディスカッションする。
見た時は高校生だった私は、分からないことが多く、幼く、ただジーッと見過ごしたシネマだった。
しかし、昨日、たまたまDVD店で発見することができ、昔見たなと思い借りてみたところ、ひたすら感銘を受けた。
中でも、レコード屋でKATH BLOOMのCOME HEREを聞きながら、無意識に見詰め合ってしまうところ。
2人の帰国の際、要は、お別れの時、そこでクライマックスを迎える。
その時はわからなかったこの内容、時を隔てて楽しむと、また違った見方ができるのだろう。
見終わった後、KATH BLOOMのALBUMを、TSUTAYAで発見し聞いている。

目を閉じて吠えるあなたと失くしたストラップ
この前まで皆目存在を知らなかったが、プールに入っても大丈夫なオムツというものがある。
都市部では、そのオムツを着けて入れる所と入ってはいけないところがあって違うらしい。
きっと、大人から見れば、水遊び用でもおしっこなど含んでいるオムツで同じところに入られたら、それはそれはいやだろう。
かといって、親だったら、入れてあげたいと考えてしまう。
しかれども、立場が逆だったらたいそういやだ。

のめり込んで大声を出す友人とオレ

少年はとっても空腹だった。
もう少しで夏休みという時期、小学校から早足で下校していた。
蝉は騒々しく鳴いている。
日光は強く、夕方にもかかわらず、まだまだお日様は沈みそうになかった。
少年は汗を流しながら一人で歩いていた。
友達と一緒に帰るのがほとんどだけど、今日はあまりにもお腹が減っていたので、急いで帰って何かを食べたかった。
少年が食べるつもりなのは、昨日の夕食のカレーの残り。
昨日のカレーは、たしか鍋に半分くらい残っていたはずだ。
ご飯だってたぶん、余りが冷蔵庫に入ってたはず。
少年はカレーの匂いを想像しつつ、足早に家へと向かった。
すると顔からは汗がいっそう流れ出した。

目を閉じて吠える彼女と読みかけの本
ネットでニュースをよく見るけど、新聞を読むのも好きだった。
現在は、ただで見れるネットニュースがたくさんあるので、新聞、雑誌はもったいなくて買わなくなってしまった。
ただ、読み慣れていたから、新聞のほうが短時間で多くの内容を手に入れることができていたけれど、インターネットニュースのほうがつながりのあるニュースをおっていくことが出来るので、濃い内容まで見やすい点はある。
一般的なニュースから関連した深いところを見やすいけれど、受けなさそうな情報も新聞は目立ちにくいぐらい小さくても記載しているので目に入るけれど、ネットの場合自分でそこまでいかなければ目につかない。
最近では、米国の債務不履行になるという話が気になる。
債務不履行になるわけないと普通は思うけれど、仮にそうなったら、他の国もそれは影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

具合悪そうに吠える先生と壊れた自動販売機

一年の中で、梅雨の季節がなぜか好きだ。
部屋はじめじめするし、外に出れば濡れるけど。
それは、小さいときに、梅雨に見られる紫陽花がきれいで、それから紫陽花が咲くのを楽しみに待っている。
九州長崎で知り合った、シーボルトとお瀧の紫陽花の中でのデート秘話をご存じだろうか。
オランダ人に紛れて上陸した、ドイツ人のシーボルトが、あじさいを見ながら「お瀧さんにそっくりな花だ」と言う。
梅雨にひっそりと咲く紫陽花を見て何回も、お瀧さん、お瀧さんと口走った。
しだいに変化して、紫陽花はおた草と別の名を持つようになったという。

喜んで叫ぶあの人とあられ雲
私の部屋は、冷房も暖房も設置されていない。
だから、扇風機と冷たいミリンダを持って作業をする。
一週間前、扇風機を動かそうと考え、回したまま抱えてしまった。
その後、扇風機の歯が止まったので「え・・・?」と不思議に思い,よく見た。
どういうわけか自分で理解しなかったのが、動きをストップさせているのは、正に自分の中指だった。
手を放すと、また歯は元気に回転しだして、邪魔をしていたその指からは出血した。
激痛も感じなかったが、しっかりしようと心に留めといた。

余裕で熱弁する兄さんと観光地

タイムイズマネーというのは、的確なセンテンスで、ぼやーっとしていると、実際にすぐに貴重な時間が過ぎていく。
もっとささっと勉強も課題も終われば、他の事の方に時間を回せるのに。
マッサージにいったり、散歩したり、料理をしたり、雑誌を読んでみたり。
そう思いついて、この頃は、シャキシャキこなそうと努力しているが、いつまで続くのか。

息もつかさず口笛を吹く弟と履きつぶした靴
営業用で何枚かスーツに似合うYシャツを持っているけれど、絶対チョイスするときに多く試着する。
それくらい、着てみた感じに執着するのも珍しいかと思っていた。
しかしながら、仕事先で、ワイシャツはオーダーでと、こだわっていた方がいたので、非常にびっくりした。
けれど、シャツだけでかっこよく見えるからかな、と考えた。

木の飾り

サイト内コンテンツ

木の飾り
Copyright (c) 2015 満腹の大工は泣いてはいられない All rights reserved.
木の飾り